定年近くまで働ける

開発現場で死力を尽くしていかなければならないシステムエンジニアは、社内規定上の定年よりも早く現場を去らなければならいケースが多い。
しかし、ITコンサルタントへ転職したシステムエンジニアは、規定上の定年近くまで働けるようになることも少なくない。

コンサルティング業務は営業の側面もあることから、システムエンジニアとして開発現場で仕事をするのに匹敵するほど忙しくなりがちである。クライアントに合わせて活動しなければならないことから、休日や早朝、夜間の仕事もあることは珍しくないため、体力的にも気力的にも充実していないとクライアントへの対応がうまくできずに成果が上がらなくなる。

しかし、経験を積むことによって粗時間配分がうまくなると、ITコンサルタントになるだけで時間的な束縛を受けにくくなりやすい。一つひとつの仕事の効率も飛躍的に向上することから、経験を積んだベテランほど負担は少なくなる傾向がある。
そのため、システムエンジニアに比べると現場で働き続けやすくなっている。

それに加え、成功により昇進すれば、コンサルタントを統括する管理職になることができる。管理職になると忙しいことは確かであっても、クライアントに合わせて活動する必要がなくなるため、体力にも気力にも負担が小さくなる。
これが、ITコンサルタントへの転職によって定年近くまで働けるようになる大きな理由の一つだろう。

ITコンサルタントになってから成功の道を歩めば、定年退職まで働くことが可能だ。

◎ITコンサルタントとしての成功を掴むために知っておくべき詳細情報