ITコンサルタントに求められるもの

ITコンサルタントの仕事はプロジェクトや業務の進行においてとても重要で、その根幹を担うものである。戦略の立案やシステムの設計、企画、開発などを請け負い、さらに各所の支援まで行うといった役割があり、指揮者兼演奏者のような立ち回りを求められる。

ITコンサルタントへ転職するにあたっては経験と知識量、技術力そして優れた経営能力が必要となり、生半可な能力では太刀打ちできないだろう。しかしその難しさから対価は大きく、やりがいもあり、高収入という魅力ある仕事であることに間違いはない。

気になるのは、どのようなことに気を付けていくべきなのか、どういった心構えが必要なのかだろう。
やはり先述の通り重要な仕事である以上責任は大きく仕事の絶対量も多いため、それだけの努力と基礎的な能力づくりは必須となってくる。資格などが必要ない反面、コミュニケーション能力や論理的な思考など絶対的指標のない能力が必要となってくる点も注意すべきだろう。
また、知識においては、開発プロセスから下流工程まで一通り押さえておく必要がある。

もしシステムエンジニアからITコンサルタントを目指している場合、自分の経験を経営に活かすことができる。問題解決に導く方法を考える術を身に付ければ必要な素質の多くは補えるので、最も近道になるだろう。
さらには仕事量に耐えうる肉体的、精神的なタフネスも必要となってくるため、熱意と行動力を持っていることが、前提条件として必要になってくるかもしれない。