多様なスキルが身に付く

エンジニアがその経験を活かしてITコンサルタントに転職するメリットは、経営に関するスキルも備わることにある。
企業が抱える課題の解決がITコンサルタントの仕事だが、そのためには企業の経営状況を分析する能力も求められる。業績向上させるための阻害要因は何か、改善すべき課題はどこにあるのかを明確にするために、業務内容を精細に分析することが必要だ。
その上で、エンジニアとして培ったスキルを活用することになる。

ITコンサルタントに転職するためには、その種類が複数あることを知っておくべきだろう。
まずアナリストとしての業務があるが、これは経営戦略や業務内容を分析して、IT技術で改善するものだ。次に、課題解決のためにどのようなシステムパッケージを導入すべきかを提案する導入コンサルタント業務がある。
あるいはプロジェクト案件の管理支援を行うプロジェクトマネジメントも、コンサルタント業務となる。

このような多様な業務を通して、エンジニアとしてよりもソリューション提案を行うスキルを高めていくことになる。
そうすると、自然とコミュニケーション能力や課題解決能力も向上していく。これはあらゆるビジネスに必要とされるスキルであり、将来のキャリアプランに役立つものだ。

ITコンサルタントは常に成果を求められるために苦労も多く、向いてない場合は長続きしない仕事でもある。しかしその後の転職で培ってきたスキルを十分に活かせるため、良い条件で採用されるようになるだろう。